丸の内まるのうち
震災ずっと以前のことであった。今はもう昔がたりになったが、あの小さい劇場の有楽座が建ったはじめに、表に勘亭流の字で書かれた有楽座という小さい漆塗りの看板が掛っていたのに、私は奇異の眼をみはった事があった。この有楽座というのは、その頃はまだ珍 …
作品に特徴的な語句
いず おく かか むな あが くすぶ もし つら いと ぐち 合点がってん ばあ じつ のち こさ 美味おい 退 かん 一寸ちょっと 下足げそく 下駄げた 乃至ないし しか にわか くるま たま わず 其所そこ 剣呑けんのん 割拠かっきょ かえ 参差しんし 名残なごり つぶや ただ 嗤笑ししょう うわさ 天辺てっぺん 宝生ほうしょう 容子ようす もっと 屡々しばしば 岩畳がんじょう 巍然ぎぜん 差支さしつかえ たちま ことごと なま 愈々いよいよ ほう かた 日日にちにち 暖炉だんろ しばら 栖息せいそく とい 櫛比しっぴ ほとん 河童かっぱ 泥濘ぬかるみ 流石さすが 濠端ほりばた 火燵こたつ 煉瓦れんが 爾来じらい ひと 琥珀こはく 瓦斯ガス はなは 界隈かいわい 白粉おしろい 相聳あいそび まぶた はかり とな 突飛とっぴ 簡捷かんしょう すべ おきな 翩翻へんぽん そび 脇息きょうそく 落寞らくばく のみ かき 行幸みゆき たもと はかま 豊前ぶぜん