“頑民”の読み方と例文
読み方割合
がんみん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しからばすなわちわが自由主義の率先者もその隠秘なる脳中は依然たる封建の頑民たるに過ぎざるなり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この正義公道は二十世紀に至ってかに明確に解釈せられつつあって、かの桑港に於ける頑民の挙動の如きは、ただ十九世紀上半の迷夢が米国の一部に残留しておったもので
日本の文明 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
頑民は殺し尽すべし、遺老は寿命が来れば死ぬ。辮子はもはやとどめ得た。(長髪賊の領袖)がまたもや騒ぎ出した。わたしの祖母がかつて語った。その時の人民ほどいものはない。
頭髪の故事 (新字新仮名) / 魯迅(著)