“謀反”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むほん97.5%
むほ2.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを、謀反むほん人扱いにして、それで、おのれら、功名顔をする気か——公儀に聞えて、当家の恥辱にならんと思うのか——たわけっ、思慮なし。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「近頃何んかかううるさい泥棒が無かつたか、妙な人寄せは無かつたか、謀反むほんの匂ひでもなかつたか——そんな事を念入に調べて貰つたんだ」
一六九七年豕一疋神の肉を食いたいと謀反むほんを起し、蛇に咬まれた後あだうちがてら蛇を食いおわるを、側に在合いあわせた黒人が制し得なんだ。
そこで、司馬懿仲達に謀反むほんきざしありと、世上へ流布るふさせ、かつ偽りの廻文を諸国へ放てば、魏の中央は、たちまちこれに惑い、司馬懿を殺すか
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとひ秀次公謀反むほん思召立おぼしめしたち給ふ事有共、かやうの人々を其使におぼし寄給はんや、各御反逆之事いさゝか以不存旨申上度思ひ侍れ共
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
私は、他所よそで着て来たやわらか物を脱いでそれを綿服に着更きがえながら小諸に入る若い謀反むほ人のあることを知っている。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)