“指目”の読み方と例文
読み方割合
しもく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔評〕幕府勤王の士をふ。南洲及び伊地知正治海江田武治等尤も其の指目する所となる。僧月照嘗て近衞公の密命みて水戸に至る、幕吏之をむること急なり。