“しもく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
四目20.0%
指目20.0%
死黙20.0%
視目20.0%
鐘木20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海陸軍、銭貨出納四目と為し、即ち史記以つて時勢の沿革を顕はし、政治以つて国体の得失を明かにし、海陸軍以つて武備の強弱を知り、銭貨出納以つて政府の貧富を示
福沢諭吉 (新字新仮名) / 服部之総(著)
〔評〕幕府勤王の士をふ。南洲及び伊地知正治海江田武治等尤も其の指目する所となる。僧月照嘗て近衞公の密命みて水戸に至る、幕吏之をむること急なり。
まさにこのれたる船長は、矗立して水先を打瞶りぬ。俄然汽笛の声は死黙きてけり。万事休す! と乗客は割るるがごとくに響動きぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
河岸をゆく人——橋の上を通る人——、すべての視目も、自分ひとりにがれているように感じた。そして、その肩身のせまい気おくれが、お米に日傘をかざさせた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その義ならば鳴るやうに撞けとて、鐘木を大きに拵へて、二、三十人立ち掛りて、れよとぞ撞きたりける、その時この鐘、海鯨ゆる声を出して、三井寺へかふとぞ鳴いたりける