“響動”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どよめ33.3%
どよみ16.7%
とよみ16.7%
どよ16.7%
どよも16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の姿を見ると、待構へてゐた學生等は、また更に響動き立ツて、わい/\ひながら風早學士の後にいて行く。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
さしも息苦き温気も、ばさるるの渦も、皆狂して知らざる如く、ろ喜びてく声、笑頽るる声、捩合ひ、踏破き、一斉に揚ぐる響動など
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
車上の見物はようやくわれにりて響動めり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
身はあはれ響動す海の渚べに、——
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)