“どよみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
動揺40.0%
響動20.0%
動波20.0%
動音20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天地に響くがごとく、はた古戦場を記した文に、調があって、章と句としく声を放って鳴くがごとく、何となく雲が出て、白く移り行くに従うて、動揺を造って、国が暗くなる気勢がする。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さしも息苦き温気も、ばさるるの渦も、皆狂して知らざる如く、ろ喜びてく声、笑頽るる声、捩合ひ、踏破き、一斉に揚ぐる響動など
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
奥のなる響動きに紛れて、取合はんともせざりければ、二人の車夫は声を合せてひつつ、格子戸を連打にすれば、やがて急足の音立てて人はぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此處の古い壁は多くの力強い水夫等の歌の動波を聽き馴らされた。
さて、如何に、気上りたる動音
失楽 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)