“どよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ドヨ
語句割合
動揺67.2%
動搖20.3%
3.1%
1.6%
度与1.6%
1.6%
杜預1.6%
轟動1.6%
響動1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、訶和郎の馬を混えた牡鹿の群の中へ突入して来ると、鹿の団塊は更に大きく混乱しながら、吹き上げる黒い泡のように頂上で動揺めいた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
大佐! 大佐る! 櫻木大佐電光艇る※。』と砲聲絶間全艦ると、軍艦」の士官水兵一時動搖めき。
御蔭ばたきのはたとみて
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
一時にみはじめる群集の呼び聲
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
く何ぞ下り去らざると、山遂に珍重してげて出で、外面の黒きを見て、卻回して云く、門外黒しと。潭遂に紙燭を点じて山に度与せむとす。山接せむとするにって潭便吹滅す。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
杜預これを注して「魄者形也」(魄は形なり)といい、また同書に「楽祁云、心之精爽是謂魂魄。」(楽祁いわく、「心の精爽なる、これを魂魄という」)
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
轟動めき、たえず常暗の空をめぐりてさながら旋風吹起る時の砂のごとし 二八—三〇
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
車上の見物はようやくわれにりて響動めり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)