“どよめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
動揺40.0%
響動40.0%
哄笑20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幽霊などと動揺きしがようやくに静まりて、彼方へ連れ行き介抱せんと、い行きしを聞澄まし、縁の下よりぬっと出で蚊を払いつつ渋面つくり、下枝ならむには一大事、とくと見届けてせむ様あり
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まさにこのれたる船長は、矗立して水先を打瞶りぬ。俄然汽笛の声は死黙きてけり。万事休す! と乗客は割るるがごとくに響動きぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「そんだが、年齡になつて懲役ぐなれも」さんはずつとれたへてひこけた。さんもどつと哄笑いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)