響動どよめ)” の例文
其の姿を見ると、待構へてゐた學生等は、また更に響動き立ツて、わい/\ひながら風早學士の後にいて行く。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
まさにこのれたる船長は、矗立して水先を打瞶りぬ。俄然汽笛の声は死黙きてけり。万事休す! と乗客は割るるがごとくに響動きぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)