“響尾蛇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がらがらへび40.0%
ラトル・スネーク20.0%
ラッツルスネーキ20.0%
ラットル・スネーク20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この頃は大浦を見つけるが早いか、響尾蛇われたのように、こちらからさえとっていたのである。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ペンナントいわく、響尾蛇、樹上の栗鼠を睨めば、栗鼠れ能わず悲しみ鳴く、行人その声を聞いて、響尾蛇がそこに居ると知る(熊楠、米国南部で数回かかる事あった)。
食匙蛇響尾蛇蝮蛇の毒あるでもなく、小さい、無害な、臆病な、人を見れば直ぐ逃げる、二つ三つ打てば直ぐ死ぬ、眼のに殺さるゝ云わば気の毒な蛇までも
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
全く東半球に産せぬ響尾蛇の画の外相だけ東洋の竜に似たと判った。