“偉方”の読み方と例文
読み方割合
えらがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その晩の楽屋には左楽やつばめや柳条やたくさんお偉方のいる前で弟子に赤恥をかかせるような男ではなかったから、いろいろ油を絞ったあとで
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
法曹界の名士に大学関係の学者たちの、宴会や隠れ遊びもあって、一重を隔てた隣座敷に、どんな偉方がとぐろいているか知れないのであった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
俺は俺にはなんの関係もないお偉方のことだと、眼をすぐ他の記事に移した。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)