“容貌魁偉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ようぼうかいい85.7%
ようぽうかいい14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この二つの黒法師は、黒法師っぷりとしてかえって調和がありました。田山白雲はすぐれて容貌魁偉であるのに、柳田平治は普通よりは小柄です。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それからのち二年の春、宗は小児を連れて済南章丘へゆくと、路で胡服をきた一人の僧に逢った。僧は容貌魁偉ともいうべき人で、宗にむかって突然に訊いた。
とど助の方は、身長抜群にして容貌魁偉。大眼玉の髭ッ面。これでは客が寄りつきません。