六月ろくがつ
まあ、なんと言ったらいいだろう、そうだ、自分の身体がなんのこともなくついばらばらに壊れてゆくような気持であった。身を縮めて、一生懸命に抱きしめていても、いつか自分の力の方が敗けてゆくような——目が覚めた時、彼は自分がおびただしい悪寒に襲われ …
作品に特徴的な語句
おおき はずみ 良人やど まばら 可憐かわい なめ あかり めん のど くず やっこ さす 麻痺しび おごそ 呆然ぼんやり しゃく 退 真直まっす ばあ 瞭然はっきり 簇生そうせい ふる はじ 蘇生よみがえ えん はず たた まち 濃艶のうえん 濛々もうもう はげ けむ 煙草たばこ つめ じい ひと うつつ 痴呆ちほう しわ さら さかずき なが 眼尻めじり 睡気ねむけ 瞑想めいそう またた 石垣いしがき 祝盃しゅくはい 突然いきなり いき 糊壺のりつぼ 紙片かみきれ 継児ままこ 編輯へんしゅう 縮緬ちりめん 繃帯ほうたい ののし うらや 轟々ごうごう ねずみ 高尚こうしょう 驚愕きょうがく 駄目だめ 飄然ひょうぜん うなず 頬辺ほっぺた 頓着とんじゃく 鞭打むちう くつ おもて 雛妓おしゃく すみ ひま ひらめ ひど 酒場バア おそ みち 追従ついしょう つら 蝸牛かたつむり のぞ そで 衝立ついたて なぐ 草鞋わらじ ひざ ぜん