“糊壺”の読み方と例文
読み方割合
のりつぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新聞のきれ、辞書類の開らきっぱなしになっているのや、糊壺、インキのしみ、弁当をたべた跡、——割箸を折って捨てたのや
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
右手を伸ばして、傷口のあたりをさぐってみると、いに、脚の形はあったが、まるで糊壺の中に足を突込んだように、そのあたり一面がヌルヌルだった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
国のごく左の端に一つかけ離れて喜阿弥と呼ぶ窯があります。ここでは鉄釉で土瓶や小壺などを作りますが、可憐なものがあります。「糊壺」の如きよい例をなします。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)