“糊目”の読み方と例文
読み方割合
のりめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は作っていても登城して来た六名は糊目正しい衣服を着、大小も皆、それぞれ、ふさわしいのを差していた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いつになく糊目のついた式服すがたの武蔵。美々しい螺鈿の鞍など——さては今日のうち登城もすみ、首尾も上々に、就任の沙汰はきまったものと、権之助は早のみこみして
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お扶持だけでは過ごしてゆけず、町医だけでも立ってゆかず、両天をかけてどうやら雀羅だけを張らないでいる外科医者の門前に、糊目正しい供侍がズラリとまったところはまことに奇観です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)