“おほい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
89.0%
8.5%
1.2%
1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「イヤ、左様固く出られるとに閉口する——お互様ぢや」と、客は無頓着に打ち笑ひ「知らぬ方でもないので、御邪魔に来ました」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
時々のやうな眞黒が、なるをかためて、ちひしぐくむく/\つ。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
、きらめく星 白妙、かがやく雪 なる、美くしの自然 が為め神は、備へましけむ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
星の、雪の くしくなる準備かな だ頽廃の人の心 悲しくも住むに堪へざるを
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
にし、其家にし、よさゝうにすれば、日中に斗だのだのといふ星を見て、大なる光は遮られ、小さなる光はあらはれ、然るべき人は世にかくれ、つまらぬ者は時めき、そして
震は亨る (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)