“おつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オツ
語句割合
31.0%
17.9%
14.0%
13.5%
3.9%
1.3%
1.3%
0.9%
和尚0.9%
尾津0.9%
御吐0.9%
御注0.9%
0.9%
0.9%
0.9%
伯父0.4%
住持0.4%
乙者0.4%
乙津0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
御即0.4%
御突0.4%
御継0.4%
御襲0.4%
0.4%
異樣0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
親爺0.4%
0.4%
追付0.4%
遺忘0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片腕のないところもまたでしょうけれど、あの男が片腕をなくしたわけを聞いてしまったらお前さん、三年の恋もめるでしょう。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「ぢや、さんは何方だとしやるの」と、妹は姉の手を引ツ張りながら、めてがすを、姉は空の彼方此方めやりつゝ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
(まあ、がこんなお転婆をいたしまして、こちたらうしませう、川下れてましたら、村里といつてませうね。)
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
文三はグット視下ろす、昇は視上げる、眼と眼を疾視合わした、何だか塩梅で。それでも文三は渋々ながら坐舗這入ッて坐に着いた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
始め其外の惡事等らず申立ければ大岡殿能白状致したて吟味に及ぶと申さるゝに下役の者立ませいとて願山を退ぞかせけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「安」と起き上がった文次、「われあう隠し立てをするぜ。てめえをまいたお蔦あ俺が突きとめてあらあ。これからばっさり網を打ちに行くんだが、ま、そこの御用帳をおろして来い」
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そんな処へ帰るに当るものかともかない事は無いからに居なさい、も心配する事は無い何のこの子位のもの二人や三人、台所へ板を並べておを喰べさせるに文句が入る物か
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
にはることがあるを花里はく辛く思ってぐ上にも猶ふさぐ。左様されると元々自分に真実つくしている女の心配するんですから、気の毒になって機嫌の一つも取ってやるようになる。
「まあ、いゝ気な和尚さんやわ、御自分ひとりお蒲団にまつて。」
やっと伊勢尾津という海ばたの、一本まつのところまでおかえりになりますと、この前お行きがけのときに、そのまつの下でお食事をお取りになって、ついれていらしった太刀
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
奥様はまだ何か言いたそうにして、それを言得ないで、深い歎息御吐きなさるばかりでした。危い絶壁の上に立って、谷底でも御覧なさるような目付をなさりながら、左右を見廻して震えました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
どうもですな。大分御がしい様ですな。先生た余つ程つてますね。——蟻なら種油御注ぎなさい。さうしてしがつて、穴からる所を一々殺すんです。何ならしませうか
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
かねえほど静かぢやねえかよ
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
日輪る、廻る、廻る、そろしいほど真赤な太陽が
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
つもりに致しませう最早つけ子刻なり御休み成れましと女子共に四邊片付させければ後藤は何の蛆蟲同前奴輩某を知らざるやとりながら胴卷
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「おまはん、そんなこと言ふもんやあらへん。そんな出しや張り言はへんかて、伯父さんあんじようして呉れはるよつて、黙つてお居。」
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「こんな田舎の医者なんかあかへん。少しうなつたら京へおなはい。伯父さん病院入れて癒したるよつて。」
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
暫くすると、住持さんは小僧を呼んだ。小僧は三人居て、三人とも変な歪形な頭を持つてゐたが、呼ばれたので、素直に庫裏に集まつて来た。
小僧の一人が名を呼ぶと、住持さんは恐る/\頭を上げた。そしてきよろ/\四辺を見まはしてゐたが、土間に誰一人ゐないのに気がつくと
渠は話児を釣るべき器械なる、渠が特有の「へへえ」と「なるほど」とを用いて、しきりにその顛末を聞かんとせり。乙者も劣らず水を向けたりき。髭ある人の舌本はようやくぎぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
乙者は直ちにこれに応ぜり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同 西多摩郡小宮村大字乙津字鐘打場
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
これを地に向はしむれば、その行方を誤る(あたかも雲より火のることあるごとく)ことをうればなり —一三五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それをみやアがって小兼めがぎゃア/\云って面倒臭くって成らねえのに、兄貴も彼奴に贔屓して、あゝのこうのと云って実に七面倒臭えから兄貴と二ツ三ツ云合った所が
きい聲したらあかん。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
それから、十七八から二十そこそこのところは、少し解つて来て、生意気に成りますから、顔の好いのや、扮装なのなんぞにはり迷ひません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
てちや、国に戻るこつば勧むツとなるばツてん、どうにもかうにも、あツぢや、わざわざ苦労ば重ねぎや行くごたるもんだものね。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
位に御即きなさるとか、今朝兄上がしゃった。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
便りまつ一日二日しきやうなづかひな八重遠慮らぬものゝすかとはるゝもかしくじつとゆる返事安否もしやとへば萬一やになるなり八重大丈夫受合へどやすめのなるべしとても御受取になりしやならずや其塲ま〻御突しになりたるを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
御継ぎなされて、此の百姓共を救つて下さりまし——
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
願ったりったりで、この上もない結構な事でございますが、ただ彼人に困りますので。一さんは宗近家を御襲ぎになる大事な身体でいらっしゃる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かなり聴いて見ると
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
マーキュ 白癩、あのやうな變妙來な、異樣氣取った口吻をしをるりをれ、陳奮漢め! 「イエスも照覽あれ、拔群劍士でござる! いや、拔群丈夫でござる!」
浮世は結構でございます。皆さん愉快にやりましょう。でげすな。大通でげすな。なあァんて事になってしまう。そうやってっているうちに、それよこせやれよこせ、洗いざらい持って行かれる。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
娘のを歌ひながら一心にて居る小屋など、一つ/\はれるのを段々先へ先へと歩いて行くと、高低らざる石の多い路の凹処には、水が丸で洪水退いた跡でもあるかのやうに満ち渡つて
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
W・Cへりがかりに、からかぶさるやうには、のあるだけ、青鬼がましだとつた。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
親爺さん、もう始めたんか。」
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
ハッと心附て、また一調子高に
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
綾さんの家は西方町の椎の木界隈のい長屋に引込むで、一二年は恩給で喰ツてゐたが、それでは追付かなくなツて、阿母さんの智慧で駄菓子屋を始めた。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
また宇陀墨坂の神に、赤色の楯矛を祭り、また大坂の神一〇に、墨色の楯矛を祭り、また御尾の神、の神までに、悉に遺忘ることなく幣帛まつりたまひき。
む者あり又顏色ろにして恐ろしなる者も心はに竹をたる如き善人あり或ひは言葉を巧みに人を罪に落とすもあり又十分の理を持ながら訥辯の爲に言伏られて無實るもあり其善惡
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)