“大坂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おほさか50.0%
おおさか40.0%
ダイハン10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持給ふか知ねども當地の金貸渡世大坂極大身代の者なりと云に靱負の大身代の金貸渡世とは違ひ小體に致し手早く高利
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大坂はまだ三とも、城下というほどな町を形成していないが、急ごしらえの仮小屋が、まるでけあとのようにできている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
名簿を取りに立とうとすると、東海さんが、突然、大声で、「大坂に聞けよ。大坂は、女の選手のことなら、とてもしいんだ」
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)