おつ)” の例文
せしめたのだ何處からも氣遣はねへろ/\と一同に飛懸らんずる樣子ゆゑ半四郎は心の中には此奴等我は年端ぬ若者とな處へ氣を廻し酒代を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
にはることがあるを花里はく辛く思ってぐ上にも猶ふさぐ。左様されると元々自分に真実つくしている女の心配するんですから、気の毒になって機嫌の一つも取ってやるようになる。
らげ旦那はな事を御尋ね成る其の護摩灰と申は私しにて候御油斷るな何樣貴方が御用心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
晋齋も素振のなのに心はついて居りましたが、がみがみと小言を申したりなんかすると間違いでも仕出来さんに限らないと、物に馴れておいでなさるお方でげすから、と言葉づかいもらかに
する身分にて昨日までも出來ざりし金が一夜のに十三兩餘りと大金の調ひしとは誠に不測なり是にて失禮ながら御問ひ申す事なりと云ければ女房お政はて夫は久兵衞さんな事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)