“怪訝相”の読み方と例文
読み方割合
けげんさう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
草の中の赤児が、怪訝相な顔をして、四這になつた儘私共を見た。女はビクとも動かぬ。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
お八重は、深く息を吸つて、パッチリと目を開けて、お定の顏を怪訝相にみてゐたが
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
お八重は、深く息を吸つて、パツチリと目を開けて、お定の顔を怪訝相に見てゐたが
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)