“怪訝顔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けげんがお85.7%
けげんがほ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒くなりたるの上に、美しき手毬のありしを、女の児に与うれば、気味悪そうに手に取りて、「こりゃ何。」と怪訝顔
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寺田寅彦さんと云う方は御座らぬかとわめくボーイの濁声うるさければ黙って居けるがあまりに呼び立つる故オイ何んだと起き上がれば貴方ですかと怪訝顔なるも気の毒なり。
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)