“天蛾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すずめが50.0%
すずめちょう25.0%
てんが25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天蛾あげて來るゆふべには夕顏の大き花もこそ咲け
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
その静けさをひとり味わっていると、そんな時に限って、よく天蛾の一種(昼行性の小形のほうじゃくの類)が入浴にやって来るのである。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
が、金色の大きな天蛾が、小さな糸車のような羽音をたてて花のまわりを飛んでいた。運河の向こう側の家の、戸の前にすわっている人々の静かな声が、静けさのうちに響いていた。