“天蛾”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
すずめが66.7%
てんが33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天蛾”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
天蛾すずめがはねあげて來るゆふべには夕顏の大き花もこそ咲け
〔出典〕白南風(旧字旧仮名)/北原白秋(著)
天蛾すずめがはねあげて来るゆふべには夕顔の大き花もこそ咲け
〔出典〕白南風(新字旧仮名)/北原白秋(著)
ゆうべちょうが、金色の大きな天蛾てんがが、小さな糸車のような羽音をたてて花のまわりを飛んでいた。