“夜景色”の読み方と例文
読み方割合
やけい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道が曲つて、ぱつと眼の前へ浜名湖の夜景色やけいが浮び出た時は、何処か遠い国へでも連れて来られたやうな気がした。
伊良湖の旅 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)