“凶兆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうちょう70.0%
きざし10.0%
きようてう10.0%
しらせ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こよいは星の光いとほがらかなのに、いま天文を仰ぎ見るに、太白星をつらぬいて、一道の妖霧がかかっている。これ兵変のある凶兆である」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
間もなく天に、争うべからざる恐ろしい凶兆が現われた。
暗黒星 (新字新仮名) / シモン・ニューコム(著)
四分の一を數へないうちに、の音が聞えて來た。誰か騎者が、馬を急がせてやつて來る。犬が一疋その傍を駈けてゐる。凶兆よ去れ! 彼だ。メスルーにつてパイロットを連れた彼なのだ。
鼠色の凶兆はあった、それから間もなく、疾風豪雨になって、一行は、九死一生のめな目にわされた。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)