“凶報”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうほう66.7%
しらせ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、げて、十九日、いよいよ大坂を出発せんと、意を決した前夜、またも火のつくような凶報が、紀州方面から入った。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その凶報はおだやかなりし老人の胸を攪乱したばかりでなく、宵祭りをうべき平和な家庭をもかきにごした。
告げ人 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
その翌日は、八五郎に誘はれて、神樂坂へ出かけようとして居る平次のところへ、岩戸町の下つ引が、思ひも寄らぬ凶報を持つて飛んで來ました。
その翌日は、八五郎に誘われて、神楽坂へ出かけようとしている平次のところへ、岩戸町の下っ引が、思いも寄らぬ凶報を持って飛んで来ました。