告げ人つげびと
雨が落ちたり日影がもれたり、降るとも降らぬとも定めのつかぬ、晩秋の空もようである。いつのまにか風は、ばったりなげて、人も気づかぬさまに、小雨は足のろく降りだした。 もうかれこれ四時過ぎ五時にもなるか、しずかにおだやかな忌森忌森のおちこち、遠 …
作品に特徴的な語句
だお 湿しっ そう かい ろう 表面ひょうめん 砂地すなち 祖母そぼ ぐら さい そう もく てん 不快ふかい 飲食いんしょく びと 正座せいざ 何時なんじ 祖父そふ 祭礼さいれい 昨夜さくや 前妻ぜんさい 習慣しゅうかん 背高せたか 帳面ちょうめん おっと うしな こと さだ 物置ものお けむり 無地むじ 現在げんざい 理由りゆう 気色きしょく はは いわ 木立こだ 晩秋ばんしゅう まさ 老人ろうじん 老妻ろうさい はら 悲嘆ひたん 膳立ぜんだ 色黒いろぐろ わか 心中しんちゅう 往来おうらい 親類しんるい たい さっ 容易ようい 家人かじん 宵祭よいまつ 豆腐どうふ めい 何時なんどき れい 転倒てんとう 雨落あまお 別種べっしゅ 追及ついきゅう 酒食しゅしょく 非常ひじょう 両親りょうしん 顔色かおいろ そと 光景こうけい ひび 今夕こんゆう 陰悪いんあく 神経しんけい まつ はな 障子しょうじ 長屋ながや 縞地しまじ 経過けいか 細君さいくん