“おろか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オロカ
語句割合
75.9%
7.3%
愚鈍4.4%
愚昧2.9%
愚魯1.5%
1.5%
魯鈍1.5%
容易0.7%
愚哉0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
迂哉0.7%
迂愚0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他の文芸を知らず、ただ俳句のみを知って、それで他の文芸の長所とする所をも真似て見ようとするのはなことではあるまいか。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
な息子も年頃になったので、調布在から出もどりの女を嫁にもろうてやった。名をおと云って某の宮様にお乳をあげたこともある女であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
中には頬のい、眼付の愛らしい子もあつて、普通の家の小供と些少も相違の無いのがある。中には又、卑しい、愚鈍しい、どう見ても日蔭者の子らしいのがある。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼も全く自己を押へて譲れば源太も自己を押へて彼に仕事をさせ下されと譲らねばならぬ義理人情、いろ/\愚昧な考を使つて漸く案じ出したことにも十兵衞が乗らねば仕方なく
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
源太は腹に戸締の無きほど愚魯ならざれば、猪口をしつけ高笑ひし、何を云ひ出した清吉、寝惚るな我の前だは、三の切を出しても初まらぬぞ、其手で女でも口説きやれ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
素破願望の叶ふとも叶はざるとも定まる時ぞと魯鈍の男も胸を騒がせ、導かるゝまゝ随ひて一室の中へずつと入る、途端に此方をぎろりつと見る眼鋭く怒を含むで斜に睨むは思ひがけなき源太にて
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
取戻して消光度無てははぬ金子故の爲には親をもひ後日に我が首をるゝ如きは容易と思ひ道ならぬ事みに參りしとに語りければ彼の男是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
愚哉々々、これ黙らっせえ、の捨吉、今頃この処にって、憎まれ口をきくようじゃあ、いかさまいろがえものと見える。」と説破一番して、五助はぐッとまた横啣
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
得忘れぬ面影にたりとはや、得忘れぬその面影なりと、ゆくりなくも認めたる貴婦人の持てる手は兢々打顫ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
も優くして下さるのはな事ぢやないと、私はいより難有いと思つてゐます。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
我をて宮のうちなる畫堂に入り給ひぬ。美しき畫幀に對して、我がき問、なる評などするを、面白がりて笑ひ給ひぬ。後人々に我詞を語りつぎ給ふごとに、人々皆聲高く笑はずといふことなし。
たとは迂哉。今年如月、紅梅に太陽の白き朝、同じ町内、御殿町あたりのある家の門を、内端な、しめやかな葬式になって出た。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この迂愚なる旅人が旅宿を逭れて五日といふ旦暮は、これなる(かれは首から下げたズダ袋をはたくをしてみせる)山蟻、あれなる黄蜂の巣、さては天牛虫、油虫、これに酢模、山独活をそへ
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)