“打顫”の読み方と例文
読み方割合
うちふる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よろづの物われをしわれを疲らす。く雲軽く打顫ひ、慾情の乱れ、ゆるやかなる小舟の如く、しめやかなる夜に流れる。
得忘れぬ面影にたりとはや、得忘れぬその面影なりと、ゆくりなくも認めたる貴婦人の持てる手は兢々打顫ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そは、かずかずの薔薇打顫ふいみじき花の姿を
失楽 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)