“笠木”の読み方と例文
読み方割合
かさぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じゃございませんか。それからこいつが轆轤座切梁、ええと、こいつが甲板の、こいつがでこいつが床梁、それからこいつが笠木、結び、以上は横材でございます」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と金剛力を出して一振すると恐ろしい力、鳥居は笠木一文字にドンと落ちた。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
飛びもしないのに、おやおやと人間の目にも隠れるのを、……こう捜すと、いまいた塀の笠木の、すぐ裏へ、頭を揉込むようにして縦に附着いているのである。脚がかりもないのになもので。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)