“槇尾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まきお50.0%
まきのお50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、南北さかいの町民は、女子供や老人などは、みな根来ねごろ粉河こかわ槇尾まきおなどの由縁ゆかりのある田舎へ、逃がしてしまった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
京都に着いて三日目に、高尾たかお槇尾まきのお栂尾とがのおから嵐山あらしやまの秋色を愛ずべく、一同車をつらねて上京の姉の家を出た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)