“槇町”のいろいろな読み方と例文
新字:槙町
読み方(ふりがな)割合
まきちやう75.0%
まきちょう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“槇町”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
槇町まきちやうで一と晩過しました。相手をしたのは、お千代といふ、へツ/\、飛んだ良い女で——」
槇町まきちやうは即中橋の居をして言つたのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
かれらは京橋の炭屋河岸に住んでいたが、六助の店が日本橋槇町まきちょうにあったので、芝の神谷町かみやちょう裏へ移り、そこで小さな荒物屋をはじめた。