芽生めばえ
浅間の麓(ふもと)へも春が近づいた。いよいよ私は住慣れた土地を離れて、山を下りることに決心した。 七年の間、私は田舎(いなか)教師として小諸(こもろ)に留まって、山の生活を眺(なが)め暮した。私が通っていた学校は貧乏で、町や郡からの補助費に …
作品に特徴的な語句
容貌かたち すず ようやく むかい じか かぶ ふか ところ 茶店ちゃてん 衣服おべべ かか あた 陥落おっこ 混雑とりこみ あい 夕餐ゆうはん ふう 不可いけない しまい つくろ 光線あかり 入来いら おまけ まざ あが きらめ 奈何いかが 老爺じい 仕舞じまい 鳥目とりめ きっ おく 強健じょうぶ 状態さま ひさ ほど 動揺ゆすぶ 取除とりはず 吾家おうち とぼ 譫語たわごと 知人しるべ むろ 園丁にわづくり 万世まんせい 下駄かっこ 老婆ばあ 慰藉なぐさめ はた 何程どれほど 相対さしむかい 終焉おわり 彼処あそこ ひろ 単衣ひとえもの 煎餅せんべ むこう かわき 放擲うっちゃらか おぶ ゆう ほと かわず 母屋もや だま 氷塊こおり 街燈ガス まく 空虚から きたな 弔辞くやみ たび 幼少おさな 平坦たいら なまり よこ きい はり まかない つか たま しか すぐ 最早もう 飲食のみくい 食物くいもの 冬籠ふゆごもり 真実ほんと いぶ 馴染なじ
題名が同じ作品
芽生 (新字新仮名)宮本百合子 (著)