“絳色”の読み方と例文
読み方割合
こうしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにおいてか獣すなわち啖うその中地土および諸草木しく絳色を帯び血染のごとし、人その地をむ者芒刺を負う、疑うと信ずるとをいうなく、悲愴せざるはなしと出づ。