“絳絹”の読み方と例文
読み方割合
もみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、僕にもそのしょぼつきが移っておのずから目ばたきをした時、かの女は絳絹の切れを出して自分で自分の両眼のやにを拭いた。
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
それからは一人で留守番をするたんびに、少しずつ裏面の紙を引きいで壊れた幻燈の眼鏡で糸の配りを覗いては、絳絹布片に写しておりましたが、見付かると大変ですから
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)