“絳紗”の読み方と例文
読み方割合
かうしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女の椅子の後には、絳紗を垂れた窓があつて、その又窓の外には川があるのか、静な水の音やの音が、絶えず此処まで聞えて来た。
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)