“箇処”のいろいろな読み方と例文
旧字:箇處
読み方(ふりがな)割合
かしょ50.0%
ところ33.3%
がしょ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“箇処”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その小径には中程に一箇処かしょ、あがりきった処に一箇処の街燈があった。
白っぽい洋服 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そこには二三箇処かしょにヤッチャがあってそれぞれ人を集めていた。
女の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それにも拘らず溺死者の死体は外に怪しい箇処ところも無いので、其儘受取人として名告なのつて出たかの娘つ子に下渡さげわたされた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
名も知らぬ灌木くわんぼくの叢生した箇処ところがある。
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
それへ出ると、何処どこでも広々と見えますので、最初左の浜庇はまびさし、今度は右のかやの屋根と、二、三箇処がしょ、その切目きれめへ出て、のぞいたが、何処どこにも、祭礼まつりらしい処はない。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)