“箇処”のいろいろな読み方と例文
旧字:箇處
読み方割合
かしょ50.0%
ところ33.3%
がしょ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこには二三箇処にヤッチャがあってそれぞれ人を集めていた。政雄の目についたのはシャツを売る店であった。シャツ売の商人は、大きな声でいていた。
女の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それにも拘らず溺死者の死体は外に怪しい箇処も無いので、其儘受取人として名告つて出たかの娘つ子に下渡された。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
それへ出ると、何処でも広々と見えますので、最初左の浜庇、今度は右のの屋根と、二、三箇処、その切目へ出て、いたが、何処にも、祭礼らしい処はない。海はく、谷はって。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)