“個処”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ところ66.7%
かしょ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“個処”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎3.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蚊のなくように、何時いつ、どこで、なんの役でかの、狂言本読みの、たて作者が読んできかす、ある役の引っこみの個処ところが、頭の奥の方で、その当時聴いた声のままで繰返してきこえる。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ハハハハハ法水さん、下らん妖言浮説は止めにしてもらいましょう。貴方が云われる津多子夫人は、昨朝早々にこの館を去ったのですじゃ。だいたい、どこに隠れていると云われるのです。人間わざで入れる個処ところなら、今までに残らず捜し尽されておりましょう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
手はずしてあった個処かしょで、合図を忘れるので、ファン連は、困りきって、演説を暗誦あんしょうしておこうと努力したが父は面倒くさがっていた。