“個条”の読み方と例文
読み方割合
かじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし『竹取物語』のあの個条が、やや下品諧謔を目的とし、子安という言葉には別にちがった内容がありそうにも無いのだから、やはり今日と同じような連想と俗信とが
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
単に薪水食料を求むるの便宜を得んとするに過ぎざりしは、その要求個条を見るも明白にして、その後タオンセント・ハリスが全権を帯びて来るに及び、始めて通商条約を結び
彼が手に入れた「牛方より申し出の個条」は次ぎのようなものであった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)