“個々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こゝ50.0%
ひとりひとり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
建築本義は「實」であるとふかもれぬ。れがれがであるかは容易らない。心理状態個々なる、その心理境遇移動すべき性質る。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
且つ緑翠を滴らせて、個々電燈の光を受け、一目として、人少なに、三組の客も、三人のボオイも、正にこれ沙漠の中なる月の樹蔭に憩える風情。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)