“整頓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいとん98.1%
かたづい1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子規の全作物を整頓しての考えで、彼の詩を照し合せて見ると、やはりみゅうずやぶぃなすをそういう風に言い表しただけであった。
詩語としての日本語 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
農林学校出身の、地主の欣之介は毎日朝早くから日の暮れるまで、作男の庄吉を相手に彼の整頓した農園の中で余念なく労働した。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
居室つてると、ちやんと整頓る。書物やら反古やら亂雜まつてたのが、各々かにる。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)