“側縁”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そばえん66.7%
そくえん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“側縁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此古い社殿の側縁そばえんの下を、一人の異裝した男が、破草履やれざうりの音も立てずに、此方こなたへ近づいて來る。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
お夏は猶ニタ/\と笑い乍ら、繁の手を曳くに任せて居る。二人は側縁そばえんの下まで行つて見えなくなつた。社前の廣庭へ出たのである。——自分も位置を變へた。廣庭の見渡される場所ところへ。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
此古い社殿の側縁そくえんの下を、一人の異装した男が、破草履やれざうりの音も立てずに、此方こなたへ近づいて来る。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)