“住地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ところ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“住地”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「しかし、もう一ツ断っておきたいことは実は拙者の身の上も、ご生死のつまびらかならぬ、恩師富田五郎左衛門先生の行方を尋ねて、ある剣法の懐疑の一点をおただし申さねばならぬので、かく諸国を経巡へめぐっているのだ——じゃによって、住地ところを定めて、新九郎殿の来るのを、待っている訳には参らぬ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)