“かや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カヤ
語句割合
蚊帳48.6%
15.7%
14.9%
9.8%
蚊遣4.4%
蚊屋1.6%
蚊幮0.5%
茅萱0.5%
萱草0.5%
0.5%
蚊㡡0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
可也0.2%
河陽0.2%
0.2%
0.2%
葺草0.2%
蚊帖0.2%
蚊帷0.2%
蚊張0.2%
蚊野0.2%
賀陽0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廊下へ出るのは気がかりであったけれど、なおそれよりも恐ろしかったのは、その時まで自分が寝て居た蚊帳の内をって見ることで。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これ等にはほんの雨露を凌ぐといった程度のものから、巨大な葺屋根を持つ大きな堂々とした建築物に至る、あらゆる階級があった。
黒船町へ来ると、町が少し下って二の町となる。村田の本家(烟管屋)がある。また、榧寺という寺がある。境内にが植わっていた。
銀杏の数を隠して、相手に当てさせるにも同じ言葉を唱え、または手を組み、輪になって、中央に一人の児をしゃがませ
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
庭の芝生へ毛氈を敷き、月見の飾り物を前に酒肴を置いた。雪洞をその左右に、蚊遣りをかせ、正四郎もふさも浴衣にくつろいで坐った。
その木戸を通って (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
その晩、岸本はまだ旅から帰りたての客のような形で、兄の義雄と同じ蚊屋の内に寝た。高輪にあるこの新開の町ではもう一月も前から蚊屋をるという。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
の如くに反覆して雷火にされたので、抽斎は雷声をむに至ったのであろう。雷が鳴り出すと、蚊幮に坐して酒を呼ぶことにしていたそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
築山陰野路を写せるを行けば、蹈処無く地をの乱れひて、草藤金線草紫茉莉の色々、茅萱穂薄露滋
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
両側百戸足らずの家並の、十が九までは古い茅葺勝で、屋根の上には百合や萱草や桔梗が生えた、昔の道中記にある渋民の宿場の跡がこれで、村人はたゞ町と呼んでゐる。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そこで上りに腰をかけて懐中からその貰うた指環をば出いて、中央へ乗せて、タメツ、スガメツ引っくりいておりますと、背後からヌキ足さし足、覗いて見た親父
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
すべてを片づけてから、夜の十時過になって、始めて蚊㡡の外まで来て、一言見舞を云うのが常であった。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
(信定のこと主人の話なり。寺は余て見る。)此地蚊なし。を設ず。暑亦不甚。行程六里許。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
早「ったかね/\、お客さん眠ったかえ……居ねえか……約束だから来ただ、の中へってもいかえるよ、入っても宜いかえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
早四郎は障子を開けたなと思っていますと、ぷつり/\と、吊ってありました吊手を切落し、寝ている上へフワリと乗ったようだから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
吾背子仮廬らすなくば小松らさね 〔巻一・一一〕 中皇命
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
岡に寄せ我が刈る狭萎草のまことろとへなかも (同・三四九九)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
細君は漸く體を動かし始めて、つた糊を拭き取つたり、飛び散つた文殼を纒めたりして、鼻を啜り上げながら其邊を片附け始める。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
細君はまだ默つて木像の如く坐つて居る。「奧さん雜巾は?」と三藏はつた糊皿を見て心配さうに細君の顏を見る。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
新羅に遣はさるる使人等の一行は、ここ志賀の浦波に照りかへす月光を看て、遠くも来にける懐郷の涙をしぼり、志摩郡の唐泊より引津泊に移り、可也の山べに小男鹿の声の呦々たるを聴き
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
古くは、河陽の離宮やら江口神崎におとらぬ灯やら、関所もあった跡だという。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「幸ひ、池の端町の江島屋良助の伜良太郎が、フトした折にお關を見染めた」
森松「やアこれは/\何方かと思ったら藤原様、どうも大層お立派で……お様も御一緒ですかうおいでゝございます」
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ここにすなはちその海邊の波限に、鵜の羽を葺草にして、産殿を造りき。ここにその産殿、いまだ葺き合へねば、御腹のきにへざりければ、産殿に入りましき。
夏は葭戸でもこしらえ、新しいきれいな蚊帖でもあげようと思います。そして秋またゆきましょう。これは親愛な笑話ですがよくよく覚えていらして下さい。
和漢の古書のみを研究して西洋日新の学を顧みず、を信じて疑わざりし者は、過ぎたる夏の景気を忘れずして冬の差入りに蚊帷を買い込むがごとし。
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
彼は眼を開けて時々蚊張の外に置いてある洋燈を眺めた。夜中に燐寸を擦って烟草を吹かした。寐返りを何遍も打った。より寐苦しい程暑い晩ではなかった。雨が又ざあざあと降った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
次にヲザホの王は葛野の別・近つ淡海の蚊野の別の祖先です。次にムロビコの王は若狹の耳の別の祖先です。
備中賀陽の良藤という者が、狐の女と婚姻して年久しくわが家の床下に住み、多くの児女を育てていたという話なども、昔の人には今よりも比較的信じやすかったものらしい。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)