その木戸を通ってそのきどをとおって
平松正四郎が事務をとっていると、老職部屋の若い付番が来て、平松さん田原さまがお呼びですと云った。正四郎は知らぬ顔で帳簿をしらべてい、若侍は側へ寄って同じことを繰り返した。 「おれのことか、なんだ」と正四郎が振向いた、「平松なんて云うから、— …
作品に特徴的な語句
下宿しもじゅく おも 元締もとじまり 女婿むすめむこ 篠山しのやま ずね とき うま 家中かちゅう さら 蚊遣かや さか かす 高頬たかほお 黄昏たそが いささ 仔細しさい 付番つきばん おっ もた 勾配こうばい 勿体もったい ひる 卑怯ひきょう かえ 参座さんざ 参覲さんきん ども 吃驚びっくり 吉塚よしづか つぶや とが むせ 唐傘からかさ うな のど 喝采かっさい 嗚咽おえつ うわさ ささや 団子だんご 国許くにもと 堰端せきばた 夕餉ゆうげ 大身たいしん 天狗てんぐ めと とつ 安堵あんど 家扶かふ 寝衣ねまき きっ ひろ 恢復かいふく たし 戸納とだな 手蹟しゅせき 挙措きょそ くじ おお つか そろ 日昏ひぐ 旧禄きゅうろく 昂然こうぜん くら あば いわ ひのき くし ゆが こわ 毛氈もうせん 温和おとな 溜息ためいき つぶ 牡丹ぼたん 狼狽ろうばい 産褥さんじょく 畦道あぜみち しわ さかずき 眸子ひとみ 石垣いしがき まれ かさ 筍笠たけのこがさ 粟立あわだ ただ