“日昏”の読み方と例文
読み方割合
ひぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火は兵部邸から出たともいい、隣接した町家から出たともいわれるが、日昏れまえから吹き始めた強い西南の風にられ、たちまち延焼して、田村右京邸を焼き、伊達本邸を焼いた。