“托鉢”の読み方と例文
読み方割合
たくはつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四国って、ばたの托鉢していているうちに、ある日いつどこで間違えたか、山の中へんでしまいました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
この一聯の前の二句は、初心の新発意が冬の日に町に出て托鉢をするのに、まだれないので「はち/\」の声が思い切って出ない。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
僧衣を著けて托鉢にさへ出た。托鉢に出たのは某年正月十七日が始で、先づ二代目烏亭焉馬の八丁堀の家のに立つたさうである。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)