“四国”の読み方と例文
旧字:四國
読み方割合
しこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四国って、ばたの托鉢していているうちに、ある日いつどこで間違えたか、山の中へんでしまいました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
東北地方は一躰関西地方や四国九州の辺とって、何だか薄暗い、如何にも幽霊が出そうな地方だが、私がこの夏行った、陸中国遠野郷近辺も、一般に昔からの伝説などが多くあるところだ。
テレパシー (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
私共が外遊から帰ると、お婆さんは「四国西国しなすったってねえ」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)