懶惰の歌留多らんだのかるた
私の数ある悪徳の中で、最も顕著の悪徳は、怠惰である。これは、もう、疑いをいれない。よほどのものである。こと、怠惰に関してだけは、私は、ほんものである。まさか、それを自慢しているわけではない。ほとほと、自分でも呆れている。私の、これは、最大欠 …
作品に特徴的な語句
ととの おっと こと 一人いちにん かんむり つく 含羞がんしゅう みさお なま 老爺ろうや 臥竜がりょう 落語らくご 不忍しのばず これ 乞食こじき しま もっ まか 冥土めいど 冷雨ひさめ すご 凄惨せいさん 凝然ぎょうぜん 可笑おか 吐鳴どな あき おし うな 嘲罵ちょうば 団扇うちわ 塵事じんじ やつ 妖怪ようかい 安堵あんど 尻餅しりもち 山路やまみち はば 廃墟はいきょ 怠惰たいだ 怨嗟えんさ 所謂いわゆる 提灯ちょうちん 日向ひなた 暮靄ぼあい くい 桃李とうり とし あわ 浦曲うらわ 濛々もうもう ほのお 煙草たばこ 爽快そうかい めす 狼狽ろうばい うり 由良ゆら 畏怖いふ 痩躯そうく 痴呆ちほう 白樺しらかば 稲荷いなり すぼ 竹馬ちくば はず はし 老憊ろうはい 耳朶みみたぶ 自惚うぬぼ 自矜じきょう うす 葛湯くずゆ かに 親石おやいし 身悶みもだ 輪廻りんね 途方とほう むら 酒盛さかもり はさみ こて 雌伏しふく 青鷺あおさぎ たぐい 高邁こうまい ひげ