“塵事”の読み方と例文
読み方割合
じんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生はいかに心持の好くない時でも、いやしくも塵事え得るだけの健康をもっていると自信する以上、またもっていると人から認められる以上
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
おれの苦しさ、わからんかね。仙脱。無慾。世が世なら、なあ。沈黙は金。塵事うるさく。隅の親石。機未だ熟さず。出るうたれる。寝ていて転ぶうれいなし。無縫天衣。桃李言わざれども。絶望。
懶惰の歌留多 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「もっとも崇高なる天地間の活力現象に対して、雄大の気象を養って、齷齪たる塵事を超越するんだ」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)